早期発見・治療のためのおすすめ性病検査キットBEST5

信頼性・コスパ・口コミで性病検査キットを厳選

 GME医学検査研究所STD研究所ふじメディカルアイ・ラボセルシーフィット
HIV検査キット3,440円(税込)5,508円(税込)4,100円(税込)9,072円(税込)4,644円(税込)
クラミジア検査キット3,450円(税込)6,480円(税込)4,100円(税込)6,469円(税込)6,804円(税込)
子宮頚がん検査キット4,980円(税込)7,830円(税込)なし4,968円(税込)6,804円(税込)
問い合わせ時間
営業日
10:00~19:00
365日対応
9:00~17:00
(月~金、祝日除く)
10:00~17:30
(平日のみ)
10:30~18:00
(月火木金日)
12:00~20:00
(月~金)
送料・手数料送料/無料
各種手数料/無料
送料/540円(全国一律)
各種手数料/無料
送料/550円(全国一律)
各種手数料/別途負担
送料/無料
手数料/324円
振込手数料/別途負担
送料/別途負担
各種手数料/無料
性病検査キットを徹底比較 HOME » 匿名・郵送でできる性病検査キット使用レポート

匿名・郵送でできる性病検査キット使用レポート

匿名・郵送でできる性病検査キットの購入に至った経緯と共に、使用レポートを日記形式でまとめています。

管理人による性病検査キット使用レポート

購入から検査結果まで細かく綴っていますので、少しでも参考になれば幸いです。

2月2日(月)

夜、寝ようと思ってベッドに入ったものの、尿道がヒリヒリするような違和感があって眠れない。そういえばこの2~3日、おしっこをする時にも軽く痛みがあったような気がする。

最初は「トイレに行くのを我慢しすぎたのかなぁ~」なんて気軽に考えていたのだけど…。漠然とした不安が残る。

2月3日(火)

昼間は仕事で活動しているせいか尿道の違和感はあまり気にならないのだけど、おしっこをする時にやはりヒリヒリする。

風呂に入ったときに陰部をよく観察したけれど特に異常は見られなかった。陰部の外側ではなく、やっぱり内側が熱を持ってジンジン疼くような感じだ。

2月4日(水)

昼間も違和感が気になって仕事に集中できない。鎮痛剤を飲めば痛みが治まるのではないかと試してみたけど、効果はないみたいだ。

もしかして…1週間前に出張先で風俗に行ったことを思い出した。

性病!?

でも、もし違っていたら病院に行くのは恥ずかしいし、仕事で病院に行っている時間がない。それに、単にアソコを強く擦りすぎたからヒリヒリしているのかもしれないし。

昼休みにスマホで「性病検査 キット」と検索し、GMEのサイトを見つけた。もし性病になってしまったとすれば、症状から検索した結果「淋菌」か「クラミジア」の可能性が高そうだ。

すぐに性病検査キット『淋菌・クラミジア検査』を購入した。

「怪しい?」と思ったらすぐ検査!GMEの性病検査キットをチェック>>

2月5日(木)

昨夜も尿道の痛みが気になって良く寝られなかった…。

おしっこの後に尿道口を見ると、透明だけど粘性のある液がタラッ~と流れてきて、「もうこれは絶対、性病だな」と確信してしまった。いつまでこんな状態が続くのか気になる。

万が一、性病じゃなければ自然に治るのかなぁ~なんて淡い期待を抱きつつ、淋菌でもクラミジアでも検査ではっきり分かればすぐに病院へ行こうと思った。

仕事の帰りに郵便局へ寄り、「郵便局留め」に指定してある検査キットが届いているか確認。すると、昨日注文した商品がもう届いていた。早い!

クラミジア検査キットの画像 性病検査キットの写真

2月6日(金)

検査キットの取扱説明書に書かれてあるとおり、朝一のおしっこ(初尿)を紙コップに入れて、それを醤油入れみたいな容器に移して採取は終わり。

性病検査キットをポストに投函小学校の検尿と全く同じだった。思った以上に簡単!検査申込用紙に必要事項を記入。検体と一緒に返信用封筒に入れて糊付けした。

検査が完了したら、結果を郵送およびスマホにメールが届くように設定しておいた。

出勤途中でポストに投函

2月7日(土)

陰部の不快感は良くも悪くも平行線。朝、パンツの内側を覗いてみると、例のねばっこい液が知らない間に尿道から出てきていたらしくシミができていた。

痛みはあまり酷くなく、最初に違和感を感じたときからずっと鈍いヒリヒリが続いている感じ。性病って、かかっても症状が出ない人もいるってサイトに書いてあったけど、僕の場合は症状がしっかり出ているってわけだ。

早く結果が知りたい。もう郵便は検査所に届いたのか?

2月8日(日)

夕方、検査会社から「検査完了メール」が届く。

早い!本当に土日も検査をやってくれているんだ!

出先から急いで帰宅し、郵送されてきた検査結果を見る。

「淋菌 陰性」

クラミジア 陽性

クラミジア陽性反応

やっぱりクラミジア!

そう言われてみれば、「排尿痛」「尿道の違和感」「透明な粘液」どれをとってみても僕の症状はクラミジアのそれだった。

早速病院に行かなくては。明日の朝、病院に寄ってから出勤するので1時間ほど遅刻することを上司に電話で報告した。

「ちょっと体調が悪くて点」なんて嘘をついちゃったけれど、さすがに「クラミジアにかかったので」とは言えないでしょ。

今回使用した性病検査キットの詳しい情報はコチラ>>

2月9日(月)

8時30分。自宅から会社への途中にある、地元の泌尿器科へ受診。待合室には既に5人の患者さんがいた。月曜日の病院ってかなり混んでいるんだなぁ。

ここの泌尿器科は検査会社の協力医療機関ということなので、受付から受診までがスムーズ。余計な説明がいらないし、忙しいので助かる。

医師提示カード受付で保険証と一緒に検査会社から送られてきた『医師提示カード』を渡し、待つこと30分で診察室に呼ばれた。

男性の先生から「いつから症状が?」「風俗に行ったの?」「今はどんな症状が?」とか一通りの問診を受けて薬を処方してもらうことになった。

抗生物質クラビットの画像薬はクラビットという抗生物質と、炎症を抑える飲み薬を2種類もらった。

通常は病院でもう一度検査しなくてはいけないらしいが、協力医療機関に行ったので治療に入るのが早くて良かった!

受付で会計を済ませる、薬代も含めて2,900円。その後は急いで出勤した。

2月10日(火)

昨日から1日3回、毎食後に炎症を抑える薬と抗生物質を服用し始めた。

心なしか今朝はもう、尿道の違和感が和らいでいる気がする。薬が効いているのかな?

夜は、違和感や痛みを感じることもなく熟睡できた。一週間前にヒリヒリ疼いて寝付けなかったのが嘘のようだ。

2月11日(水)

毎日規則正しく薬を服用している。コンディションはすこぶる良好。もう治ったのかな?

でも、もらった薬は1週間分。

きっちり飲みきって絶対に完治させなくては、再びあの苦痛の日々が蘇るかもしれない。

2月12日(木)

「もしかしたらもう治ったかも?」と思い、治ったかどうかの確認のための検査を早く受けたくなった。病院で検査を受けると結果が出るまでに1週間ほどかかるが、郵送検査を利用すれば3日で結果が出る。

そう考えると、郵送検査って随分時間の短縮になるのだなぁと感じる。

2月13日(金)

治療しているお陰で、異常は何もなく仕事にも集中できる。

内心、もう治っているのではないのだろうか?という気持ちになるのだけれど、処方された薬はきっちり飲みきることが大事らしい。

週明けに、クリニックへ行くのが楽しみ(?)だ。

2月16日(月)

朝、8時30分。クリニックへ行く。

受付を済ませると紙コップを渡されて採尿するように言われ、その後先生の診察。

一応、確認のために検査をするけど、もう薬を飲む必要はないと言われた。2度目なので、あまり緊張しないで済んだ。

本当は、こんなことは慣れないほうが良いに決まっているのだけれど…。

今回の一件で、性病の怖さ・検査の必要性・治療の効果を改めて痛感した。

もう二度とこんな思いはしたくない…けど、また「やっちまった」時には郵送検査キットのお世話になるかもしれない。

「やっちまった」時はすぐ検査!お世話になった性病検査キットはコチラ>>

 
早期発見・治療のためのおすすめ性病検査キットBEST5