早期発見・治療のためのおすすめ性病検査キットBEST5

信頼性・コスパ・口コミで性病検査キットを厳選

 GME医学検査研究所STD研究所ふじメディカルアイ・ラボセルシーフィット
HIV検査キット3,440円(税込)5,508円(税込)4,100円(税込)9,072円(税込)4,644円(税込)
クラミジア検査キット3,450円(税込)6,480円(税込)4,100円(税込)6,469円(税込)6,804円(税込)
子宮頚がん検査キット4,980円(税込)7,830円(税込)なし4,968円(税込)6,804円(税込)
問い合わせ時間
営業日
10:00~19:00
365日対応
9:00~17:00
(月~金、祝日除く)
10:00~17:30
(平日のみ)
10:30~18:00
(月火木金日)
12:00~20:00
(月~金)
送料・手数料送料/無料
各種手数料/無料
送料/540円(全国一律)
各種手数料/無料
送料/550円(全国一律)
各種手数料/別途負担
送料/無料
手数料/324円
振込手数料/別途負担
送料/別途負担
各種手数料/無料

淋菌

淋菌とは、感染することで淋菌感染症を引き起こす病原菌のことです。

男性・女性を問わずに発症する性病で、子宮頸管炎や尿道炎などを発症させます。また、性器だけではなく、のどにも感染してしまうケースがあります。

淋菌の感染経路と原因

主な感染経路は、性交渉・母子感染

淋菌感染者の精液・膣分泌液が粘膜に接触することで感染し、1回の性行為で約30%が感染するといわれています。

のどの淋菌は自覚症状が乏しいため、気付かないうちに感染しうつしてしまうケースも多いようです。とくに、風俗店でのオーラルセックスによる感染が多いといわれています。

また、妊娠中の人が感染していると、母体感染を引き起こし淋菌性結膜炎のリスクが高まるため注意が必要です。

淋菌の症状

淋菌の潜伏期間は、2日~1週間程度

男性の感染箇所は主に尿道で、排尿時の激痛・尿道から膿のような分泌液・発熱・不快感などの症状がみられます。のどに感染した場合の症状はほとんどなく、検査を受けて初めて気付くケースも多くなっているようです。

女性の場合は、不正出血・膿のようなおりものの増加など。ただ、男性に比べると自覚症状が少ないため、自分で気づく人は少ないようです。不妊症や子宮外妊娠の原因ともなるため、結婚や妊娠前には一度チェックしておくことが望ましいでしょう。

淋菌は性器だけでなく、咽頭(いんとう)にも感染します。この場合、のどや口の中に発赤ができたり、イガイガする感じだったりと若干痛みが伴うことが多いようです。

淋菌を放置すると…

適切な治療をおこなわずにそのまま放置すると、感染が広がり激しい痛みを伴う可能性があります

【男性の場合】
・尿道口の発赤
・尿道口から濃い黄色の大量の膿
・排尿・勃起時などに激しい痛み

男性の感染箇所は主に尿道ですので、尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)などを引き起こします。また、前立腺炎や血精液症になることも…。

【女性の場合】
・不正出血
・おりものの増加
・下腹部、性交時の痛み

大抵の場合、女性の感染者は症状が出ないといわれていますが、感染したまま放っておくと子宮入口まで感染し、子宮頸管炎を引き起こします。さらに進行すると腹腔内へ侵入し、骨盤内での炎症・卵管炎・子宮外妊娠・不妊症の原因にもなりかねません

淋菌発症の動向は?

平成13年には20,000人を超えていた感染者報告が、平成21年には10,000人を切っています。ですがここ最近の推移は10,000人前後と横ばいが続いています。

男女比は、平均して患者数の男女比は4:1と男性が多い傾向にあり、年齢は男女ともに20~30歳が最も多いのが特徴です。

最近の疫学研究によると、淋菌感染によりHIVの感染が高まると報告されているので、重要な疾患としてされています。

エイズに対する危機感が高まった、1990年代前半には一時的に減少した淋菌感染ですが、その後再び増加の傾向が続いています。その背景には、関心が薄れコンドームの使用が減ったことや風俗産業などを介し口内に菌を持つ人が増えたこと、耐性菌の増加が大きな原因といわれています。

淋菌の予防方法

淋菌は性行為やオーラルセックスなどにより、粘膜部が感染者の体液と触れることにより感染してしまいます。粘膜部と体液が触れないようにするのが一番の予防になるので、具体的な例を以下に3点あげました。

1. コンドームの使用
ほとんどの性感染症の予防に有効的です。もちろん、正しい使用法をしないと効果はありません。ホテルなどの備え付けのコンドームはできるだけ避け、品質の良いものを使用するようにしましょう

2. デンタルダムの使用
コンドームと比較して知名度は低いデンタルダム。コンドームは男性が使用しますが、デンタルダムは女性の性器に張り付けてオーラルセックスなどをします。これは、膣分泌物が男性の口やのどに入らないようにするためです。

3. 検査を受ける・検査キットの使用
病院で受診をするか、自宅で検査キットを使用することもおすすめです。検査をすることにより、パートナーへ感染させることもありませんし、一緒に検査をすることで、再感染防止にもつながります

検査キットで何を調べられる?

検体となるのは、男性の場合は初尿・女性の場合は膣分泌液を検査し、原因である淋菌の有無を調べます。

検査キットの使い方

多くの淋病検査キットでは尿や膣分泌物を検査します。

男性の場合は初尿を採取。もし採取できなかったときは、最後の排尿から2時間以上経過したあとに採取をします。尿の量が少なすぎても多すぎてもいけませんので、検査キットに使用法を必ず確認するようにしましょう。

女性の場合は膣分泌物を採取。キット付属の綿棒を4cmほど挿入し、数回綿棒を回転させ膣分泌物をぬぐい取ります。綿棒の先端部分が濡れていれば完了です。

咽頭の検査では、のど周辺の粘膜をこすって採取するという方法があります。
※検査キットで調べる場合、検査機関は休業日に検体の受け取りを行わないのが一般的なので、注意が必要です。

検査キットをつかうタイミング

病原菌そのものを調べる検査なので、感染の可能性のあった日から2~3日経てば検査可能です。 しかし、淋菌の潜伏期間は2~7日と言われているため、1週間くらいたってから検査するとより確実といえるでしょう。また治療が終わったあとに再度検査し、完治確認を行うことも大切です。

検査キットをつかうメリットは?

  • 何よりも匿名性が高い
  • 検査していることを人に知られにくい
  • 病院に行く時間がなくても、空き時間で検査を行える
  • 検査前の手間を比較的短縮できることが可能

淋菌を簡単に調べられるオススメ検査キット【価格ランキング】

1位
GME医学検査研究所
淋菌検査 ローコストパッケージ(女性用)
3,450円(税込)
お届日数:1~3日程度でお届け 判定までの所要日数:検体到着日の翌日~3日後
淋菌検査 ローコストパッケージ(男性用)
3,450円(税込)
お届日数:1~3日程度でお届け 判定までの所要日数:検体到着日の翌日~3日後
2位
ケンサビズ
淋病検査(女性用)
4,120円(税込)
お届日数:3~5日 判定までの所要日数:約1週間
淋病検査(男性用)
4,120円(税込)
お届日数:3~5日 判定までの所要日数:約1週間
3位
セルシーフィット
性病検査キットSTD-2(淋病・クラミジア)女性用
6,480円(税込)
お届日数:1~2日後 判定までの所要日数:検体到着後2~3日
性病検査キットSTD-2(淋病・クラミジア)男性用
6,480円(税込)
お届日数:1~2日後 判定までの所要日数:検体到着後2~3日

この記事の関連のページ

 
早期発見・治療のためのおすすめ性病検査キットBEST5