早期発見・治療のためのおすすめ性病検査キットBEST5

信頼性・コスパ・口コミで性病検査キットを厳選

 GME医学検査研究所STD研究所ふじメディカルアイ・ラボセルシーフィット
HIV検査キット3,440円(税込)5,508円(税込)4,100円(税込)9,072円(税込)4,644円(税込)
クラミジア検査キット3,450円(税込)6,480円(税込)4,100円(税込)6,469円(税込)6,804円(税込)
子宮頚がん検査キット4,980円(税込)7,830円(税込)なし4,968円(税込)6,804円(税込)
問い合わせ時間
営業日
10:00~19:00
365日対応
9:00~17:00
(月~金、祝日除く)
10:00~17:30
(平日のみ)
10:30~18:00
(月火木金日)
12:00~20:00
(月~金)
送料・手数料送料/無料
各種手数料/無料
送料/540円(全国一律)
各種手数料/無料
送料/550円(全国一律)
各種手数料/別途負担
送料/無料
手数料/324円
振込手数料/別途負担
送料/別途負担
各種手数料/無料

アナルセックス、リミング

肛門を使用する性行為である、アナルセックス・リミングで感染しやすい性病についてまとめています。

アナルセックス・リミングで感染する危険性のある性病リスト

アナルセックスとは、男性器を肛門に挿入する性行為。直腸の粘膜は傷つきやすいため、アナルセックスをすることで簡単に出血してしまうのが特徴。

コンドームを使用しないアナルセックスは性病が非常に感染しやすく、注意すべき行為の1つです。

リミングとは、肛門を口や舌で愛撫するオーラルセックスの1種。アニリングスとも呼ばれます。肛門やその周辺を舐める行為なので雑菌等が入りやすく、性病だけでなく赤痢アメーバやA型肝炎への感染確率も高くなります

どちらの行為も性病予防の観点から言えば非常にリスキーなので、気になる経験者は早期の検査をおすすめします。また、感染しやすい性病の一覧は以下の通りです。

HIV/エイズ

アナルセックスは直腸の粘膜が傷つきやすいため、そこから精液やカウパー液に含まれたHIVが侵入することがあります。

HIVは感染力の弱いウイルスなのですが、直腸内で射精した場合は感染の確率がグンと高まるのが特徴。感染経路でもっとも多いのはHIV感染者とのアナルセックスによるものなので、検査を一緒に受けるなどで信頼できるパートナーを選ぶようにしましょう。

リミングによる感染率は低いものですが、肛門やその周辺から出血があり、なおかつ自分の唇・舌・口腔粘膜にキズがある場合は感染の可能性が高くなります。

B型肝炎

B型肝炎の原因となるHBV(B型肝炎ウイルス)は、血液・精液・分泌液(カウパー液など)に多く含まれています。

アナルセックスで挿入する側は、直腸からの出血が男性器や傷口から入り込むことで感染。挿入される側は、精液や分泌液に含まれたHBVが直腸の傷口に入り込むことで感染します。

B型肝炎は感染力がHIV(エイズ)の100倍と強いため、アナルセックスの経験者は感染の有無をチェックしておいた方が良いでしょう。もちろん、肛門や口周辺などにキズがある場合のリミングでも感染します。

梅毒

梅毒はあらゆる性行為で感染すると言われており、アナルセックスはもちろん、リミングを含むオーラルセックス全般でも感染することが分かっています。

梅毒の病変(潰瘍や赤い丘疹など)は直腸内にもできるため、挿入する側が気づかずに感染するケースが多め。とくに、アナルセックスで挿入する側やリミングをする人は、感染しやすい性病と言えるでしょう。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマの原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)で、皮膚や粘膜の接触で感染します。性器や肛門周辺にイボができるのが特徴で、病変を持つ人とアナルセックスを行うことで感染の危険性が高まります。

直腸内にもイボは発生しますが見つけるのが難しく、知らず知らずのうちに感染していることもあるようです。

この記事の関連のページ

 
早期発見・治療のためのおすすめ性病検査キットBEST5