早期発見・治療のためのおすすめ性病検査キットBEST5

信頼性・コスパ・口コミで性病検査キットを厳選

 GME医学検査研究所STD研究所ふじメディカルアイ・ラボセルシーフィット
HIV検査キット3,440円(税込)5,508円(税込)4,100円(税込)9,072円(税込)4,644円(税込)
クラミジア検査キット3,450円(税込)6,480円(税込)4,100円(税込)6,469円(税込)6,804円(税込)
子宮頚がん検査キット4,980円(税込)7,830円(税込)なし4,968円(税込)6,804円(税込)
問い合わせ時間
営業日
10:00~19:00
365日対応
9:00~17:00
(月~金、祝日除く)
10:00~17:30
(平日のみ)
10:30~18:00
(月火木金日)
12:00~20:00
(月~金)
送料・手数料送料/無料
各種手数料/無料
送料/540円(全国一律)
各種手数料/無料
送料/550円(全国一律)
各種手数料/別途負担
送料/無料
手数料/324円
振込手数料/別途負担
送料/別途負担
各種手数料/無料

予防法ってあるの?

性病を予防するのに効果的な方法をご紹介しています。コンドームの使用やパートナーの限定など、今すぐにできる予防法ばかりをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

性病予防の方法と心構え

性病を予防するために実行してもらいたい事項、守ってもらいたい事項をまとめてみました。ただし、予防法はあくまで予防法であり、どんなに気をつけていても性病を完全にシャットアウトすることは難しいのが現状です。

性病は、性行為の経験がある人なら誰でも感染の可能性があるもの。少しでも気になる場合は、早めに検査を受けておくことが大切です。

性交渉は信頼できるパートナーと行う

性病は、感染していない人同士であれば感染の危険性はありません。性病の予防策でもっとも効果的なのは、「性病検査を受けて感染していないことを確認したパートナーとのみ性交渉を行うこと」です。新しくパートナーができたらお互いに性病検査を受け、感染の有無を確認しておくと良いでしょう。

性病は自覚症状が出ないケースも多く、性的に接触する人数が多ければ多いほど感染の危険性は高まります。不特定多数のパートナーとの性交渉はとくに危険であるため、特定のパートナーとのみ行うことが望ましいです。

コンドームの使用

性病予防としてもっとも現実的な方法は、コンドームの使用です。性病をより確実に防ぐためには、途中からコンドームを使用するのではなく、性行為の最初から使用しておくことが大切。中途半端なタイミングで使用しても性病予防には繋がらないので注意が必要です。

また、男女間の膣性交だけでなく、オーラルセックス・アナルセックス時も必ずコンドームは使用しましょう。今はオーラルセックス用のコンドームや女性用コンドームなども販売されているので、使用するのも1つの手段です。ただし、正しく使用しても100%感染を防げるものではないことを覚えておいてください。

清潔を心がける

性行為の前にお互いの皮膚・性器・口腔内などを清潔にするだけでも、性病の感染はある程度防げます。タオル・シーツなどのリネン類も病原菌が繁殖しやすいため、常に清潔をキープするよう心がけましょう。

ただし、どんなに身体をキレイにしても、粘膜などにキズがあると感染を防ぐのは難しくなります。そういった場合は、性行為を控えるなどの対処を取りましょう。

相手の性器をよくチェックする

性病の中には、性器・尿道・肛門・皮膚などに特徴的な症状が現れるものもあります。男性の場合は尿道からの膿・性器のイボ・発疹・恥垢など、女性はニオイの強いおりもの・性器のイボ・膿などが見られれば、性病に感染している恐れがあります。

症状を知っておけば目や鼻で異常を察知することができるので、性行為の前にチェックしておくとよいでしょう。

この記事の関連のページ

 
早期発見・治療のためのおすすめ性病検査キットBEST5