早期発見・治療のためのおすすめ性病検査キットBEST5

信頼性・コスパ・口コミで性病検査キットを厳選

 GME医学検査研究所STD研究所ふじメディカルアイ・ラボセルシーフィット
HIV検査キット3,440円(税込)5,508円(税込)4,100円(税込)9,072円(税込)4,644円(税込)
クラミジア検査キット3,450円(税込)6,480円(税込)4,100円(税込)6,469円(税込)6,804円(税込)
子宮頚がん検査キット4,980円(税込)7,830円(税込)なし4,968円(税込)6,804円(税込)
問い合わせ時間
営業日
10:00~19:00
365日対応
9:00~17:00
(月~金、祝日除く)
10:00~17:30
(平日のみ)
10:30~18:00
(月火木金日)
12:00~20:00
(月~金)
送料・手数料送料/無料
各種手数料/無料
送料/540円(全国一律)
各種手数料/無料
送料/550円(全国一律)
各種手数料/別途負担
送料/無料
手数料/324円
振込手数料/別途負担
送料/別途負担
各種手数料/無料

検査方法とその費用は?

病院(クリニック)・保健所・郵送検査キットと、性病検査ができる方法を詳しく解説しています。それぞれの特徴やかかる費用の目安、メリット・デメリットについても要チェックです。

主な性病検査の方法を知っておきましょう

性病を検査したいけどどんな方法があるのか分からない、費用が心配…という方も多いのではないでしょうか。

現在、性病を検査する方法は「病院(クリニック)・保健所・郵送による性病検査キット」の3種類があります。それぞれの特徴と費用の目安をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

病院・クリニック

性病の検査を受けられる病院は、泌尿器科・産婦人科・皮膚科など。男性の場合は泌尿器科、女性は産婦人科での受診が一般的です。

何らかの症状が出ている場合は保険適用になることもありますが、症状がない段階だと自費診療になることもあります。

病院で検査をするメリットは、万が一感染が見つかった場合、そのまますぐ治療に移行できること。デメリットとしては、病院に足を運ぶ時間や待ち時間がかかったり、個人差もありますが人目が気になるなどです。

費用としては、性病1項目の検査料金が2,000~4,000円。複数の性病を検査するとなると、2~3万円程度が必要となります。これに、診察代や通院費などがプラスされます。

保健所

全国の保健所では性病検査が行われており、匿名で検査を受けられるのが特徴です。ただし、検査項目はHIV(エイズ)・梅毒・クラミジア・淋病など。すべての性病検査が受けられるわけではないので、注意が必要です。

基本的に検査費用が無料なのが大きなメリットであり、費用が必要だとしても格安。デメリットとしては、検査結果の通知が面談で行われること(電話・郵送は不可)と、検査の日時が限られていることです。

自治体によって検査日・時間は異なりますが、実施頻度としては1~2週間に1回、しかも平日の昼間に行われることが多いようです。さらに、人数制限が設けられているケースもあります。

性病検査キット

性病検査キットとは、検査に必要な器具がひとまとめになっており、利用者自身が検体(血液・分泌物など)を採取。郵送で検査機関に返送することで、性病検査が受けられるというものです。

検査は認可を受けた登録衛生検査所で行われるため、病院や保健所などと精度はまったく変わりません

性病検査キットには検査費用・返送料などが含まれており、別途必要となる料金はほとんどなし。費用は1項目あたり3,000円前後で、10項目以上の検査を同時に受けても2万円程度となっています。

「症状は出ていないが検査だけを受けたい」「人目を気にせず検査を受けたい」という方におすすめです。

コスパ&手軽さで選ぶおすすめ性病検査キットBEST5

この記事の関連のページ

 
早期発見・治療のためのおすすめ性病検査キットBEST5