早期発見・治療のためのおすすめ性病検査キットBEST5

信頼性・コスパ・口コミで性病検査キットを厳選

 GME医学検査研究所STD研究所ふじメディカルアイ・ラボセルシーフィット
HIV検査キット3,440円(税込)5,508円(税込)4,100円(税込)9,072円(税込)4,644円(税込)
クラミジア検査キット3,450円(税込)6,480円(税込)4,100円(税込)6,469円(税込)6,804円(税込)
子宮頚がん検査キット4,980円(税込)7,830円(税込)なし4,968円(税込)6,804円(税込)
問い合わせ時間
営業日
10:00~19:00
365日対応
9:00~17:00
(月~金、祝日除く)
10:00~17:30
(平日のみ)
10:30~18:00
(月火木金日)
12:00~20:00
(月~金)
送料・手数料送料/無料
各種手数料/無料
送料/540円(全国一律)
各種手数料/無料
送料/550円(全国一律)
各種手数料/別途負担
送料/無料
手数料/324円
振込手数料/別途負担
送料/別途負担
各種手数料/無料

ブライダルチェックはするべき?

男女で複数の性病検査を一度に受けられるブライダルチェックについて、検査項目やかかる費用の目安などをまとめました。

ブライダルチェックで性病検査を受ける目的と費用の目安

ブライダルチェックとは、結婚を控えた男女が行う健康診断のこと。しかし、近年ではお互いの健康状態を確認するため、複数の性病検査を一度に行うことに意味合いが変わってきているようです。

性病予防の観点から、普通のカップルでもブライダルチェックを受けるケースが増加。現在は病院だけでなく、郵送の性病検査キットを使うことで自宅でも気軽に性病チェックを受けられます

ブライダルチェックをする意義

では、なぜブライダルチェックを受けるべきなのでしょうか。それは、チェックを受けた人のうち、10~20%の人に何らかの性病が見つかるいう現状があるから。

ブライダルチェックで健康状態を確認することは、大切なパートナーの身体を守るための責任とも言えるでしょう。また、早期に検査をすることで症状の早期発見・早期検査に繋がり、重篤な症状を事前に防ぐことも可能です。

ブライダルチェックの検査項目・時期

ブライダルチェックでは、主に以下のような項目を検査します。

  • 男性
    B型肝炎・C型肝炎・HIV・梅毒・淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア・のど淋菌・のどクラミジア
  • 女性
    B型肝炎・C型肝炎・HIV・梅毒・淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア・のど淋菌・のどクラミジア・子宮頸がん・HPV(ヒトパピローマウイルス)

ブライダルチェックというと「女性が受けるもの」というイメージがありますが、パートナーも一緒に受けるべきものです。

検査を受ける時期は、結婚を控えているなら式の3~4ヶ月前くらいが目安。一般のカップルは、性的な関係を持つ前に検査を受けておくと安心です。

自宅でブライダルチェックができるお得な郵送検査キット

現在は、自宅にいながら複数の性病を一度に検査できる、ブライダルチェックの郵送検査キットも販売されています。

検査項目数は病院でのブライダルチェックとほぼ変わらず(10~12項目)、病院の予約・通院の手間・診察費用なども必要なし。しかも、国や自治体に認可された登録衛生検査所で検査を行うため、精度については医療機関とまったく変わりありません

郵送ブライダルチェックの費用は、男女ペアセットで3~4万円ほど。代金には検体返送料・検査料・結果送付料などがすべて含まれているので、表示以外の料金がかかることはほとんどありません(商品によっては代引き・クール便などの料金が別途となっていることも)。

病院でのブライダルチェックは1人につき2~5万円が目安となるため、ほぼ半額での検査が可能となります。

男女ペアで受けるならコレ!おすすめ郵送検査キットBEST5

この記事の関連のページ

 
早期発見・治療のためのおすすめ性病検査キットBEST5